ミイラ展

お久しぶりです
佐倉、生きております
更新することも何もないほどにのんびり過ごしておりました
とりあえず、昨年から溜まっているブログを少しずつ更新していけたらなと思ってます
今更って言わないでね笑

と、その前に先日のこと
久しぶりに美術館へ行ってきました

 

 

 

『ミイラ「永遠の命」を求めて』

国内最大級“ミイラを科学する”展覧会
南米、エジプト、ヨーロッパ、オセアニア、日本、自然にミイラとなったものから人工的につくられたミイラまで、総数43体のミイラが一堂に会します
本展では、最新科学によって明らかになったミイラの実像、ミイラの文化的・学術的な価値、それぞれの背景にある死生観と身体観、文化の違いを知ることができる、これまでにない展覧会です

今回は章ごとに気になったものをまとめていきますね
長いので読むの面倒な人はこの辺でやめといた方が良いかもです笑

 

 

 

 

 

第1章 南北アメリカのミイラ

自然ミイラ、人工ミイラ、共に、この地で見つかっているものが世界最古のミイラとされています

ペルー北部、チャチャポヤス地方のコンドル湖周辺で発見されたミイラ《チャチャポヤのミイラ》
体操座りのような格好にされ、全身が布とロープで包まれているのが特徴のミイラ
包みの頭部には顔の刺繍が施されたものや、子供のミイラには三つ編みが付けられていたり、包みの模様が人物の特徴や出身地を表しているそうです
中には盗掘者によって包みが破かれ、一部が露出したミイラなど
チャチャポヤの6体のミイラはとても興味深い展示でした

 

第2章 古代エジプトのミイラ

ミイラ文化といえば古代エジプト
古代エジプトの人たちにとってミイラは現世での魂の器
来世で幸福に生きるために必要不可欠なものと考えられ、それゆえに4000年もの長きに渡ってミイラ作りが行われてきました
ミイラはミイラ職人によって調合された、それぞれの香りを身に纏っているそう
この章ではミイラだけでなく、ミイラ作りの細かな方法や装飾品などの展示もたくさんありました
死者の生前の顔を模したミイラマスク
死後の世界を描いた棺
死者の臓器を保存するカノポス壺
死者の魂が無事に冥界へ辿り着けるよう導く死者の書が描かれた包帯
リネンで作られた男性生殖器
ミイラ作りに必要とされていたナイロンなどの材料からミイラ作りの工程の動画
などなど…
中でも興味深かったのはさまざまな種類の動物のミイラ
動物ミイラは家族として一緒に埋葬されたり、神々への捧げものであったり、人間のミイラの食べ物とされたりと、さまざまな意図でつくられていたそうです
縦長に包んで紐でしばりリネンを用いて口と耳を付け足した《ネコのミイラ》
ネコは愛の女神バステトの化身として大切にされ、ネコが死ぬと眉を剃って喪に服したとか…
古代エジプトのミイラについては他の展覧会でも色々と見ていますが、改めて勉強になった今回です

 

第3章 ヨーロッパのミイラ

北ヨーロッパの湿地で発見された湿地遺体(ボッグマン)は驚くべき保存状態を示す
オランダで発見された紀元前40年〜紀元後50年前と推定される2体の湿地遺体《ウェーリンゲメン(WeerdingeCouple)》
酸性の泥炭に長い間埋まっていたため、骨が溶けて皮膚だけになったミイラ
日本初公開の貴重なミイラです
皮膚だけが残るミイラは恐ろしさが倍増しているような…

 

第4章 オセアニアと東アジアのミイラ

日本の気候は高温多湿のためミイラには適していないにも関わらず、江戸時代の自然ミイラが数体発見されているのだそう

学問的な探究心で自らミイラとなった日本人のミイラ《本草学者のミイラ》
CT調査の結果、柿の種子を大量に摂取していたことが分かり、柿の成分であるタンニンがミイラ化成功の鍵ではないかとのこと
この方、自分の死からしばらく経ったら墓を開けてみよ、ミイラになっているだろうって感じの遺言を残したそう
自分の学術の是非を問うためにミイラになるって凄い覚悟と執念

そして今回の展覧会で1番観たいと思っていた即身仏
現在は福島県の貫秀寺に安置されている《弘智法印 宥貞(こうちほういんゆうてい)》
即身仏とは僧侶などが土中の穴などに入り瞑想や読経などをしたまま絶命しミイラ化して仏となること
仏教の修行の中でも最も過酷なものとして知られています
木の皮や木の実などを食べて生きている間に体をミイラの状態に近づけ、土中に入る前には漆の茶を飲み嘔吐することによって体の水分を少なくする
漆の茶には腐敗の原因である体内の細菌の活動を抑える効果もあったそう
生きたまま土中に入り読経をしながら鈴を鳴らし、鈴が鳴らなくなる時を待つ
そして鈴が鳴らなくなった時が入定されたときです
宥貞様は薬師如来十二大願(薬師如来が悟りを開く前に人々の病気を治し命を長らえるための誓い)を説法し入定されたのだそうです
即身仏にお会いさせていただくのは今回が初めてだったのですが、なんとも言えない気持ちになりました
宥貞様は穏やかに微笑んでいらっしゃるように見えました
その優しくも凛々しいお姿に畏敬の念を抱かずにはいられません
手を合わせてお祈りさせていただきました

 

おまけ

斬首したあと頭部の皮膚を剥ぎ取り、熱した石を詰めて縮ませて製作した《南米ヒバロ族の干し首》
交易品としてお土産に人気だったとか…
昔、ジャングルクルーズの住民が持ってた?売ってた?のを思い出しました笑

 

 

 

今回の展覧会は世界各地域のミイラを観られるだけでなく、CTスキャンされた3D映像によって、外から観察するだけでは分からないミイラの体内がどうなっているのかまで知ることができる貴重な展覧会でした
一周するとミイラとその地域信仰がよくわかる展示になっていて、2時間ほどじっくり楽しめました

お土産にカノポス壺とガチャガチャを…
エジプト産のカノポス壺は一目惚れ
ガチャガチャはネコのミイラが当たりました

 

 

 

 

地球館にもよって恐竜にも会ってきましたよ

 

 

 

 

美味しい焼き肉も食べて幸せな1日でした♡

happybirthday

公演について

追加情報

出演情報

ミイラ展

新年のご挨拶

1年を振り返って

佐藤家のぬかどこ

小屋入り

CM公開